技術情報

■技術概要

豪雨等に起因する自然災害の発生メカニズム、荒廃森林や荒廃渓流の発達過程、治山施設の役割と必要性、ならびに健全な森林の持つ公益的機能などを県民各層へ説明する時、視覚的に訴えかける1つの道具としての実演模型です。

■技術概要

対象物を熱赤外線映像装置で撮影することにより、表面の微少な温度差から物体や性質の内部状況について、非接触・非破壊で調査するリモートセンシング技術です。
橋梁・トンネル法面等の表面剥離・亀裂・鉄筋の腐食等の異常箇所を見つけ出すのに利用されています。

■技術概要

ボーリング孔内に小型のテレビカメラを挿入し孔内の状態を直接観察する技術です。
映し出された画像から地層や亀裂の走向傾斜、亀裂面の開口幅などを調べることができます。ボーリング孔壁の曲面を展開画像に変換することも可能です。

■技術概要

GPS(Global Positioning System = 全地球測位システム)は、アメリカ国防総省によって運用されているGPS衛星から発信される電波情報を用いて、三次元座標を計測するシステムです。

高度約20,000kmに位置する6種類の円軌道にそれぞれ4機ずつ、計24機の衛星が配置されています。

■技術概要

測量、調査等により得られる地理情報の空間分布を、3次元の立体的なモデルによって表現する技術です。
地理情報のモデル化(可視化)は専門家ではない一般の人でも空間情報を理解しやすくなるというメリットがあります。

(C) Shimaken Consultant Co., Ltd, All Rights Reserved