社員投稿

記載されている個人名は、本人了解のもと掲載しています。

■ 星野 豊



「小さな国際交流」

我が家は、数年前からホストファミリーをしています。今までに、インド・オーストラリア・韓国・カンボジア・キルギスから延8組がホームステイに来てくれました。

今回も9月末から1週間、オーストラリアにあるロッキンガム高校1年生のマシュー君がホームステイに来てくれました。我が家から市内の高校に通いながら、出雲の生活をとても楽しんでくれました。

もちろん、家族全員日本語以外は話せませんが、まったく心配していません。単語・ジェスチャー・出雲弁、最後はハートでドンドン気持ちが通じます。妻もせっかく来たのだからと、日本の料理で歓迎してくれます。家族の一員として迎え、わずか1週間の滞在でしたが、とても楽しく過ごすことができました。

今月末には、アフガニスタンの小学校教師が2泊3日の予定で我が家に来ます。次の新たな「小さな国際交流」を今から楽しみにしています。


次は、川島さんお願いします。

2016/10/16 10:30

■ George



精一杯背伸びしたが、結果は5mm縮んでしまった。
未だに、身長が伸びはしないかと期待してしまう。

ベッドに横たわり醜い腹を出す。
次は、「腹部エコー」だ。
ゼリーを塗って、脇腹あたりを執拗にグリグリされる。
これは、拷問ではないだろうか?
「すいません。くすぐったいんですけど・・・」思わず腹をよじってしまった。

今度も、ベッドに横たわっている。
しかも、マウスピースをくわえている。
「胃カメラ」だ。
先ほどとは違い、ずいぶんと苦しい。
せいぜい「う〜」か、「げっぷ」くらいしかできない。
なのに、先生は話しかけてくる。
「まあまあきれいですね。胃潰瘍やったことあるんですか?」なんて。
「・・・・・っ」

検査後、やがて、結果が届いた。
鍛えてきただけに、今回は、素晴らしい結果となった。
標準値を超えたことを表す赤いマークが、過去最高を更新し、9個になった。
「やればできる!」
そう思った。
しかし、これでも、「就業不可」とはならないだろう。

関係ないが、道中「桜」の花を見つけた。
桜が狂っているのか?
地球が狂ってきたのか?
自分がおかしいのか・・・

前回の投稿から、しばらく時間があいてしまった。
申し訳ありません。

星野ぶちょーっ! たのみますよっ!!

2016/10/04 21:06

■ George 山本




 前回、カキの祟りにより達成できなかったが、
概ね体調も回復し、専ら鍛錬に励んでいるところである。
と言っても、当たり前に日常を繰り返すだけだが。

 飲んで、食って、飲み過ぎて、叱られて・・・


 それはそうと、世に「自然観察指導員」という資格があることを、三瓶山に於ける1泊2日の真面目な研修会に参加して知った。
 その日、見知らぬ受講生の中に私がいた。女房に唆され、申し込まれ、訳の分からないうちに、そこに飛び込んでしまっていた。前夜も飲み会だったので、しんどい。それでも、アプローチ・見方・考え方・しゃべり方など受講し、なぜか、指導員になれた。


 話を戻す。

鍛錬の成果が徐々に現れてきているような気がする。自然観察指導員にもなれたし、一回り大きくなったと言われたい。ナマでは見せられないが、如何なものだろうか、この腹は?

いよいよ本番は迫っている。

2016/07/30 15:21

(C) Shimaken Consultant Co., Ltd, All Rights Reserved